たぶん3日で飽きる

A鯖(旧E鯖)lichtのDOLプレイ記とかDOL用ツールとか。DOLは無期限休止中。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[DOL] 要塞艦隊を作ろう


…と考えてたんですよねー。
考え方の合いそうな同志(連携旗候補)が見つかれば、ですが。

今回そんな感じじゃなかったので"お流れ"です。


▼艦隊作り初期段階でのすり合わせ用に作ってた、まとまっていないまとめ的なモノを公開。





【目的】
  ・要塞陥落
  ・要塞防衛

【要点】
  ・要塞陥落に必要なこと
    ・工作
    ・要塞砲撃
      敵の砲撃カットを上回る必要がある。
      ・数の暴力。「砲撃>カット」の飽和砲撃。
      ・複数港攻撃
      ・ターゲット変更。
        ただし対応が間に合ってないうちに畳み掛ける必要がある。
        多数艦隊の連動が必要。
      ・対人艦隊の呼び込み
        難しいかもねー。
        だが対人艦隊は「戦える相手」を探して動く。
        今そこにいる敵艦隊の名前をワーチャなどで流せば移動してくる場合もある。
    ・構築阻止
  ・対人艦隊の性質
    ・対人戦そのものを楽しんだり、戦功や戦績を競うのが目的。
    ・陣営の勝利を目的としていない。
    ・陣営の都合(自分にメリットのない呼びかけ)では動いてくれない。
    ・戦える相手とは戦果ある限り戦いたい。
      →陣営に有利な「拿捕って解散させる」は、まず実行してくれない。
    ・「戦果なし」の相手は、司令封鎖艦隊であっても戦わない。
     陥落寸前の自要塞に砲撃している艦隊であってもスルー。
    ・もしも旗が「陣営のために動きたい」と思っていても、
     「僚艦はそう思っていないかもしれない」という意識がある。
      野良艦隊の場合は特に、意思統一ができないし、旗の方針だけで動くことは難しい。
      なので、先に挙げた「対人戦のためだけの行動」を取る傾向がある。
    ・連携艦隊の存在を無視できない。
      どんなしょぼい相手でも、基本的には援軍に入る。
      =対人2艦隊に対し、2人艦隊でも誘引・誘導が可能。


【行動指針】
  ・行動優先度
    ・要塞砲撃>工作>封鎖>構築>N狩り狩り
    ・構築は別部隊に任せる。本当に危険なときは例外。
  ・対人艦隊との戦闘は極力避ける。
    ・要塞陥落目前のときは例外。
    ※  本当は封鎖のために対人もできたほうがよい。
  ・艦隊連携
    ・形の上では連携艦隊であっても、一緒に行動する必要はない。
    ・ただし、必要なときは合わせて行動する。
      →あれ?  要塞チャでいいのでは・・・?
        →そうかもしれない。封鎖をまともにやれるようになって初めて、
          連携艦隊の意味が出てくるのかも。
          だが、それで連携が取れるのは旗だけ。
        →メンバーも含めての意識統一・士気高揚をするなら、
         連携艦隊にして茶室作ったほうが効果が高い。
          →固定メンバー化、参加率UP、戦力強化
        →メンバーの組み換えもできる。
          王立の人を集めて工作コンボ率UPとか。
          白兵いけそうな人を集めてプチ封鎖とか。
          要塞からの砲撃に耐えられないなら、
          要塞砲撃する艦隊としない艦隊で分けるとか。
    ・2艦隊10人である必要はない。
      1艦隊5人ずつである必要もない。
      茶室の最大人数20人までなら何人でもOK。
    ・もし連携艦隊が仕掛けられていても、基本的には援軍に入らない。
      援軍入ったところで何のメリットが?
      要塞戦という視点から見ると対人戦1勝したところで無意味。
      時間をロスするだけ。別のことをしたほうが良い。
      拿捕して解散させられるなら意味がある。
  ・工作
    それぞれの最大効率で動けばよろし。
  ・要塞砲撃
    ・敵の対人艦隊が来たらやめる。
    ・ずっと狙われてるなら、撃つふりしてやめる  を繰り返す。
    ・敵対人艦隊(だいたい10人)を、弱小艦隊1つで足止めしてることになる。
    ・こちら2艦隊いるなら、なるべく離れたところで要塞砲撃して相手を振り回す。
    ・艦隊名をワーチャで流して対人艦隊を呼び込み。
    ・味方艦隊が来れば対人戦が始まり、要塞を撃てるようになる。
     →戦場化すれば、要塞飽和砲撃も可能になる。
    ・居なくならないようなら寸止め徹底。そのうち諦めて居なくなる。
     →戦場化できないので、飽和砲撃は難しい。サブターゲット化。
  ・構築妨害
    ・司令を封鎖。
      妨害効率としての期待値は最も高い。
      だが解除艦隊(対人)を呼ばれる。→相手できないので逃げる。
      こちらに強いメンバーが揃っているなら返り討ちにしてもいいが、
      戦闘中は構築艦隊が素通りである。
        =封鎖無効化。得るものは何? 
         相手を拿捕して解散でもさせないと、何の効果もなく消耗するだけ。
      監視員を置かれて、避けられることも。
        →一番近い司令を使わせないだけでも効果はある。
    ・進路封鎖
      海域によっては海峡などを利用して可能だが、ひらけたところでは難しい。
      監視員は居ない。
    ・港前封鎖
      港よりの進路封鎖。青ゾーンの少し外。
      どんな海域でも使えるが、対人艦隊が近くに来る可能性が高く、
      継続・撤退の判断も難しくなる。
  ・要塞陥落の目前
    以下2点が重要。
    ・要塞砲撃の飽和状態を維持する。
    ・構築を止める
    このためなら、対人不向きな艦隊であっても構築封鎖や
    カット覚悟で要塞砲撃継続をすべき。
    他に味方がいないなら、要塞砲撃継続は意味が無い。
    カット戦してる間に撃つ人がいないなら、自分が狩られるだけ。
  ・不要な対人戦を仕掛けられそうなときは『仕掛け逃げ』も。
    ・不利にならない状況で仕掛ける。そして逃げる。戦闘回数を消化する。
      相手に仕掛けさせると逃げられなくなる可能性が高い。
      封鎖艦隊は戦闘回数を気にしないが、対人艦隊は戦果無しの戦闘は仕掛けてこなくなる。
    ・2艦隊同士だったら2艦隊とも同時に仕掛けて援軍を阻止する。
      援軍入らせたら逃げられなくなるので。
      離脱したら援軍に入り、戦闘数を消化する。
    ・まっすぐ逃げれば行きたい方向に徐々に移動するので、そのうち青ゾーンに入れたり。
    ・2戦目の援軍の入られを防止するなら、左右に分かれて逃走する。
     相手連携同士の距離を離せば、連携しづらくなる。

【推奨装備】
  ・旗の船は速度重視。
    ただし戦闘面をあまり疎かにすると、構築阻止が難しくなる。
    戦闘を僚艦にお任せするのはアリだけど。
  ・船首エンジェル必須
    船首つかない船はしょうがない。
  ・戦闘は白兵重視
  ・大学スキルの要塞攻撃力UP
  ・王立所属は、要塞攻撃力UPのやつがあったはず。そっち優先。
    要塞攻撃で大変なのは、最後の一押し。
  ・有効なOPスキル
    ・急加速
    ・白兵回避
    ・重量砲撃
    ・轟音機雷
    ・投錨機雷
  ・重量砲撃を最大限に活かすなら、大砲はデミキャノンもアリかも?
    自力での撃沈はほぼ不可能になるけど。コンボ役はできる。


| 海戦考察 | 2018-09-25 01:01 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT