たぶん3日で飽きる

A鯖(旧E鯖)lichtのDOLプレイ記とかDOL用ツールとか。DOLは無期限休止中。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

[DOL] 稀代の資産家を目指

…すかどうか考え中。
最近知ったんですが、『稀代の資産家』という称号をつけると、ふっかけの上限値が引き上げられるらしいですね。
1回の交易での利益が増えるわけか。これはおいしい。

ただ称号ゲットの条件が
「交易Lv80+交易名声36万以上+預金800M以上+南蛮全港取引可能(4文化圏全て貢献度40k以上)」
交易Lv・名声・預金額は交易とか投資とかしてればそのうち上がるけど、南蛮港の解放に関しては意識して頑張らないといけないなぁ。結構しんどい。


だって私、日本と台湾しか貿易解放できてない(;・∀・)
台湾なんて貿易じゃなくて鄭成功オンラインの副産物だし・・・。
以前『イベリア売りなら湖筆』と聞いて華南の貢献度上げをしたことがあるんだけど、何を持ち込めばいいのか全くわからないのよねー。
何回か交換してみたけど交換量は少なく、貢献度も上がったり下がったり。
結局マカオ以外は解放してなかったり( '∇')アハハハハ-
次の港が解放される見通しは全く立たず( '∇')アハハハハ-
うん、無理。

そのへんの費用・労力と、メリットのバランスですわなー。
日常的に交易をしている人だったらふっかけ上限UPの恩恵は大きいよね。
南蛮港の解放も、すでにされているかそれに近い状態にあるはず。
私の場合は元々それほど出費をしないし、貯金が減ってきたときだけまとめて稼ぎに行く感じなので、南蛮貿易すること自体が数ヶ月に一度という程度。
ふっかけ上限UPの分、南蛮1往復増やせばカバーできるんじゃね?って金額のような気がしないでもない。

というわけでこの記事を書いている間に結論でました。
稀代の資産家、目指しません(・ω・)

| 航海日誌 | 2014-02-15 20:39 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。